Hosei Erasmus Mundus Program Euro Pholosophy

Hosei Erasmus Mundus Program, Euro Pholosophy - Over the two academic years 2008-9 and 2009-10 at Hosei University, classes for the first semester of "Euro Philosophy", an EU Erasmus Mundus Master Program, have taken the form of one-month intensive lecture series. This is the first instance in Japan of administering such a large-scale intensive lecture series within the Erasmus Mundus Master Program.

Report

クレリア・ゼルニック先生の授業 (2015)

少し遅くなりましたが、今回は5月7日、8日に3回にわたって行われたクレリア・ゼルニック先生による授業風景をお伝えいたします。タイトルは「映画の現象学―メルロ-ポンティから日本映画へ」です。

第一回はメルロ-ポンティ『意味と無意味』(1948)の中から「映画と新しい心理学」という論文を主に見ていきました。ここで注目すべき点は、現象学ではなく「新しい心理学」(ゲシュタルト心理学)が言われている点です。一般にメルロ-ポンティの現象学は、あるものを認識する時、主観と客観とは独立にではなく影響し合い両義的に働くと考えます。同じように、あるものを知覚する時、一つの感覚に集中して、たとえば耳だけで感じているようであっても、実際には他の感覚も働いて多方向から感じとっていると主張します。しかし、映画の場合、事情は少し異なります。フレームによって知覚が遮られており、日常での知覚よりも、主観と客観の間そして複数の感覚の間で、相互に交差するブレ(キアスム)がありません。このことから、映画においては日常の知覚の場合とは異なり、現象学だけでなくて「新しい心理学」による説明も必要になるのです。

ゼルニック先生

第二回は、小津安二郎の『東京物語』を見ていきました。小津安二郎は「小津調」と言われる方法論、つまり、被写体の目線に立った低い位置からのカメラワークと完璧に配置された構図によって優れた作品を生み出し、映画界に多大な影響を及ぼしました。紹介されたシーンではそこで用いられているシンメトリーや遠近法が取り出され、このような構図が実際に知覚にどういった影響を与えているかを見ていきました。例題として、視点を変えると二通り見える絵(錯視)が紹介され、皆で、何が描かれているのか当てっこをしました。小津映画の解釈には心理学的方法が有効です。

錯視

第三回は小津安二郎の後に活躍した人々について見ていきました。特に黒沢明の映画が取り上げられ、黒沢映画のどの点が「小津調」とは異なるのかを見ていきました。『羅生門』では、冒頭の殺人事件を目撃するシーンで、殺された人の手に向かってカメラを置きつつ、目撃者の、心臓が飛び出しそうになっている表情が映し出されています。他にも、『七人の侍』、『野良犬』、『夢』などが取り上げられました。小津作品の場合は一枚の写真の様に見事な構成が維持され、観客は静かに物語を見ることに集中しますが、黒沢作品ではインパクトのある描写を始めに持ってくることで観客を物語の中に引きずり込みます。主観と客観の枠はこわされます。こうして、ここでは現象学方法がより有効となります。ただ、先生も授業中に仰っていたように「黒沢明の映画にはいつも三船敏郎が出ている」というのは、小津安二郎にとっての原節子と同じで、特定のキャストの使用であって、ここでは黒澤も「小津調」を踏襲しているのだと感じました。

映画を見る

恥ずかしながら、私はこの授業で初めて『東京物語』を見ることができました。最後の場面では、家族が去った室内、静かな時間の中に垣間見える主人公の人生への思いや、コントラストで映し出される日の明るさに、切なさのツボを突かれてしまい、授業中映画を見ながら涙を堪えるのに必死でした。これを機会に様々な作品に触れていきたいと思いました。

お茶会 (2015)

今回も番外編として、授業外の企画の模様をお届けします。

五月二十日、大学の公認サークルである法政大学茶道研究会の協力により、エラスムスの学生のためのお茶会が催されました。参加者はエラスムスの学生四人と、彼らと関わりのある学生たちです。

お茶の道具

茶室は日本人には落ち着く空間なのに、彼らにとってはエキゾチックなものに見えるようで、障子が閉まるや、「知らないところに閉じこめられちゃった」という冗談もこぼれました。

茶会が始まると、まずお菓子が出されます。今回用意されたのは、水の中を泳ぐ金魚を描いたもの。夏の気配が近づくこの時期に似合う、涼しげなお菓子でした。和菓子は味を楽しむのはもちろん、目でみて楽しむものです。エラスムスの学生たちからは、「こんな綺麗なお菓子は見たことがない」との声も上がりました。

まずお菓子から

いよいよお茶です。お茶をいただく際には、絵柄のある正面に口をつけないために茶碗を回します。動作こそぎこちないものの、彼らもこのマナーを実践していました。また、茶会では腕時計を外すのが決まりです。これは主人と客とが共に過ごす時間を尊び、現実の時間にとらわれないようにするためです。その説明を受けて、学生たちも納得していました。

涼し気な金魚模様のお菓子

彼らは今回は特別に、茶会の後で、茶筅を使って自分でお茶を点てる体験も行いました。きめの細かい泡を立てるのはなかなか難しく、手本を示す部員の仕草には感心しきりでした。こうして自分で何とか点てたお茶を味わって、茶会はお開きとなりました。

自分で点てたお茶を飲む

この茶会で飾られていた掛け軸には「一期一会」と書かれていましたが、この言葉は、「巡り合わせは一度切りのものであり、だからこそ、いまこの時を大事にすべきである」と説くものです。日本の茶道に初めて触れたエラスムスの学生たちにとって、今回の茶会はまさにそのような意味を持つものだったのではないでしょうか。
 
集合写真

エラスムスの学生と日本人学生の交流 (2015)

私たち日本人アシスタントは、エラスムス・ムンドゥスプログラムの学生たちの3か月の滞在を、出来る限り充実したものにしたいと日々思っています。

そんなこともあり、授業後に定食屋さん、居酒屋、ゲームセンターに行くなど、日本ならではの体験をみんなで企画しています。

4月 はじめてのプリクラ
4月 授業後の渋谷センター街

特に私たちの間で日課になっているのは週末の遠足です。四月に到着してから今日までで、高尾山、鎌倉、柴又、国技館、清澄公園と、代々木公園など様々な場所にみんなで訪れています。

4月 代々木公園でご飯を持ち寄ってピクニック
5月 両国の国技館

前学期のトゥールーズでも頻繁にハイキングをしていたらしく、体力がある彼らは、どの遠足時も電車やバスは使いません。とにかく歩きます。

ゴールデンウィーク中に訪れた鎌倉では、北鎌倉から出発し、浄智寺、建長寺、円覚寺、鶴岡八幡宮を見学し、由比ヶ浜では海につかり、それから長谷寺、鎌倉大仏殿を見学、最後は大仏切通という5キロのハイキングコースを体験しました。

鎌倉大仏殿

運動不足の私は、それだけで本当に疲れてしまいましたが、エラスムス組はまだまだ元気があり、みんなの体力を見習い更に横浜まで行き乾杯しました!

由比ヶ浜で組体操を始める3人
ハイキング後、北鎌倉駅にて

これから予定しているイベントは、歌舞伎鑑賞、茶道体験、カラオケ、監獄居酒屋などです。いよいよ日本滞在も後半となりましたが、更に充実した滞在となるよう私たちアシスタントも頑張ります。