Hosei Erasmus Mundus Program Euro Pholosophy

Hosei Erasmus Mundus Program, Euro Pholosophy - Over the two academic years 2008-9 and 2009-10 at Hosei University, classes for the first semester of "Euro Philosophy", an EU Erasmus Mundus Master Program, have taken the form of one-month intensive lecture series. This is the first instance in Japan of administering such a large-scale intensive lecture series within the Erasmus Mundus Master Program.

Report

オーレリ・ネヴォ講演会 (2012)

法政プログラムの4月の授業で、二番手を務めるアレクサンデル・シュネル先生の講義が開始された12日の夜、ご夫妻で来日しているシュネル先生の伴侶であり、フランス国立科学研究センター(CNRS)研究員で、文化人類学者のオーレリ・ネヴォさんを迎えた講演会が、法政大学国際日本学研究所(HIJAS)の主催により、国際日本学研究所セミナー室において行われました。

講演の題目は、「"新世界の中心"としての上海-上海万博の中国館<東方の冠>を読む-」であり、シュネル夫妻をはじめ、エラスムス・ムンドゥス関係者としては、当夜の司会も務めた安孫子信先生、アルノー・フランソワ先生、ヨーロッパからの学生4名も参加しました。

講演の内容は、2010年に開催された上海国際博覧会(上海万博)において出展され、「万博史上最も費用をかけたパビリオン」と呼ばれた「東方の冠」という別称を持つ「中国館」を対象に、その文化的・象徴的な意味を解釈することでした。

ネヴォさんの解釈によれば、建物の構造や色、そしてそこに示唆されている儒教思想から、「中国館」には野心的な意図、すなわち、上海が「新世界の中心」として21世紀の世界で中心的役割を引き受けていこうする意図、が読み取れるといいます。またさらにそこには、(西洋から押し付けられたのではなく)東洋自身が世界における東洋の位置を決めていくという、「新オリエンタリズム」とも言うべき発想が認められるといいます。

以上のネヴォさんの分析は表象の文化的解釈を手法としているとはいえ、主張内容は大変に刺激的で、講演の後には、予定時刻を大幅に越えて、白熱した質疑討論が行われました。

中国語・日本語・フランス語が会場に飛び交ったこの講演会は、国際日本学研究所の催し物としても際立って国際色を帯びたものだったと思いますが、洋の東西の壁を超えて、自ら極東の地に乗り込み果敢に異文化理解に挑むネヴォさんの姿勢には、エラスムス・ムンドゥスの越境(モビリティ)の理念にも強く通じるものを感じました。


ネヴォさんと「中国館」の写真
会場
左から、安孫子先生、杉本先生(通訳)、ネヴォさん
質疑 (中央はシュネル先生)


オリエンテーション (2012)

桜の花も開花。この春の到来に合わせて4月2日に<ユーロフィロソフィ>法政プログラム2012も開幕しました。当日は、メインの行事である開幕パーティに先立って、3ヶ月の授業の場ともなる大学院棟の教室で、ヨーロッパからの先生と学生のためにオリエンテーションが行われました。

国際交流センターの担当者が資料に基づき、法政大学の概要や歴史を説明した後、より実際的なこととして、大学キャンパス内での、また大学外、社会一般での生活上の諸注意が行われました。

その後、一同は建物を出て、外濠を渡り、図書館へと向かいました。図書館は、学生たちにとって、これからの毎日、学習に欠かせない場所となるはずです。図書館では職員の方から、本の閲覧や貸出の仕方、またパソコンを使ってデータベースへアクセスする仕方などについて、説明を受けました。

図書館ツアーの最後は、閉架の書庫の見学です。地下4階まで降りましたが、とくに哲学書コーナーの前では、先生も学生も足を止め、しばし蔵書に見入っていました。

オリエンテーションも終えてパーティまでの空き時間を利用して、皆で隣接の靖国神社への散策も行いました。靖国問題はヨーロッパでも知られており、ここで戦争と民族との関係について、思いを馳せた学生もいたようです。


オリエンテーション
図書館ツアー
書庫
靖国神社

開幕レセプション (2012)

東日本大震災による中止から早や1年、2年ぶりとなるEUエラスムス・ムンドゥス修士課程《ユーロフィロソフィ》法政プログラムの開幕レセプションが、桜もほころび始めた4月2日、法政大学ボアソナードタワー26階ラウンジにて開催されました。

本プログラムの日本側責任者である文学部安孫子信教授の司会のもと、プログラム開幕にあたって増田壽男総長の挨拶が行われ、まず、本プログラムへの法政大学の参加は国際化を教育方針の一つとする本学の誇りであること、そして、それは関係者の方々、とくに、教育を担って下さっているヨーロッパからの、また国内他大学からの先生方の協力の賜物であることが、謝意とともに表明されました。また次いで挨拶に立った駐日EU代表部リチャード・ケルナー氏からは、ヨーロッパを代表して、日欧教育交流分野で法政大学が果たしている役割への賛辞が呈されました。

福田好朗理事の発声で乾杯が行われ、しばしにぎやかに歓談した後、3科目(形而上学、現象学、科学哲学)の授業を3ヶ月にわたって担当するフランスおよび日本の教員から、自己紹介と授業紹介が行われました。また、これまでにヨーロッパから到着している学生たちからも(ただし、国籍はヨーロッパに限りません)、自己紹介と挨拶が行われました。

再び歓談の花が開いた後、来賓として出席された駐日スロヴァキア大使のドゥラホミール・シュトス氏と、フランス大使館文化部のマキシム・ピエール氏から、それぞれ会を締めくくるご挨拶がありました。シュトス大使がそこで強調されたのは、若者たちに国境を越えさせるエラスムス・ムンドゥスという教育制度が今日の世界で持つ重要性です。またピエール氏は《ユーロフィロソフィ》での使用言語が英語ではなく、フランス語とドイツ語であることの意味を強調されました。

こうして3時間にわたる和やかな開幕レセプションを終えて、参加者みなの胸に、今年度プログラムの成功に向けての思いが、強く抱かれたことは間違いありません。

Continue reading

最後の夜 (2010)

16日のフェアウェルパーティー後の夜は、安孫子教授の発案で、安孫子教授、モンテベロ教授、ヨーロッパ学生、河野教授、村上教授、国際交流センターの林さん、田中さん、日本人学生から成る一行は、安孫子ゼミでよく利用する法政大学近くのレストランに直行し、あらためてビールや焼酎などを飲みながら歓談しました。

歓談する教員や学生たち(法政大学近くのレストラン)

☆ エラスムス・ムンドゥス・法政プログラム2010のレポートは本記事で終わります。ありがとうございました。安孫子ゼミ 高橋

フェアウェルパーティー (2010)

16日は反省会の後、フェアウェルパーティーが法政大学ボアソナードタワー25階B会議室で行なわれました。このパーティーをもって、4週間にわたったエラスムス・ムンドゥス・《ユーロフィロソフィ》・法政プログラム2010も終わり、ヨーロッパからの教員と学生の皆さんは、翌17日から、順々に日本を発っていきます。

フェアウェルパーティーで乾杯する教員や学生たち(左:法政大学ボアソナードタワー25階B会議室)、パーティーに参加している学生や教員たち(右)

Continue reading