Hosei Erasmus Mundus Program Euro Pholosophy

Hosei Erasmus Mundus Program, Euro Pholosophy - Over the two academic years 2008-9 and 2009-10 at Hosei University, classes for the first semester of "Euro Philosophy", an EU Erasmus Mundus Master Program, have taken the form of one-month intensive lecture series. This is the first instance in Japan of administering such a large-scale intensive lecture series within the Erasmus Mundus Master Program.

Event

関連の学術イヴェント(既決定分)[2015]


▶エラスムス・ムンドゥス・ユーロフィロソフィー&大阪大学人間科学研究科
第4回国際学生ワークショップ

日時:6月19日(金)13時-18時

場所:大阪大学人間科学部3階34講義室

プログラム:

Thomas Winants- "Power and sexuality in La volonté de savoir : Foucault and the 1974's Legendre"

Sophie Tysebaert "Henri Maldiney and experience of the impossible."

Kazuaki Oda​"Kuki Shuzo and Eternal Return-Hybrid of Oriental and Western Philosophy -"​

Wawrzyn Warkcocki, "The Ethics of the Event. In Between Heidegger and Deleuze"

Ayuto Ogawa" The problem of the discontinuity in Derrida's works​"

Marie Butler, "Foucault & the Cynical Parrhesia"

※連絡: murakami@hus.osaka-u.ac.jp

▶ペーテル・センディ講演会 (Université de Paris Ouest Nanteree)[2015]
日時:5月30日(土)17時-18時
場所:アンスティテュ・フランセ(市ヶ谷)、エスパス・イマージュ
講師:ペーテル・センディ(パリ西ナンテール大学)
論題:『アイコノミと視線』
※同時通訳がつきます。
http://www.institutfrancais.jp/tokyo/fr/events-manager/nuit-de-la-philo-2015-la-monnaie-vivante/

▶ペーテル・センディとの対話
日時:5月29日(金)18時―19時30分
場所:丸の内JPタワー、インターメディアテック2階、アカデミア
講師:ペーテル・センディ(パリ西ナンテール大学)
論題:『傾聴のアナトミー』
※フランス語ですが、通訳されます。
http://www.intermediatheque.jp/en/schedule/view/id/IMT0067

▶キアラ・メンゴッツィ講演会
日時:5月25日(月)18時30分―21時
場所:法政大学(市ヶ谷)ボアソナードタワー25階B会議室
講師:キアラ・メンゴッツィ(チェコ、フラデツ・クラーロベ大学)
論題:『文学研究におけるワールドリテラチャーという概念の有用性と難点』
※講演はフランス語ですが、通訳されます。
http://www.hosei.ac.jp/bungaku/NEWS/topics/20150424.html

▶オンジェイ・シュヴェッツ講演会
日時:5月23日(土)15時-18時
場所:明治大学(駿河台)リバティタワー8階1087教室
講師:オンジェイ・シュヴェッツ(チェコ、プラハ大学)
論題:「フランス・エピステモロジー(バシュラール、カンギレム、フーコー)と客観性の歴史的諸条件」
※発表はフランス語。ただし通訳されます。

フランス・エピステモロジー(バシュラール,カンギレム,フーコー)と...

▶ジャン=マルク・レヴィ=ルブロン講演会
日時:5月17日(日)15時-17時
場所:日仏会館(東京、恵比寿)5階501会議室
講師:ジャン=マルク・レヴィ=ルブロン(フランス、ニース大学名誉教授)
論題:「芸術と科学: 束の間の出会いのために」
※発表はフランス語、但し日本語原稿と逐次通訳あり
http://www.mfjtokyo.or.jp/ja/events/details/576---.html

▶ジャン=マルク・レヴィ=ルブロン講演会
日時:5月8日(金)16時-18時
場所:名古屋大学情報科学研究科棟 講義室2
講師:ジャン=マルク・レヴィ=ルブロン(フランス、ニース大学名誉教授)
論題:「科学の人/文化の人・ガリレオ-16世紀から21世紀に至る科学と人間科学-」
http://www.info.human.nagoya-u.ac.jp/lab/phil/kukita/seminars/levy-leblond.html

▶ジャン=マルク・レヴィ=ルブロン講演会
日時:5月7日(木)14時40分-16時10分
場所:豊橋技術科学大学講義棟 A2-101
講師:ジャン=マルク・レヴィ=ルブロン(フランス、ニース大学名誉教授)
論題:「現代科学技術(テクノサイエンス)のパラドックス」
※発表は英語。但し日本語原稿と通訳あり。
http://www.tut.ac.jp/event/150507-8304.html

関連の学術イヴェント(既決定分)[2014]

▶アルノー・フランソワ講演会
日時:4月8日(火)18時―20時
場所:東京大学(駒場キャンパス)18号館コラボレーションルーム3
講師:アルノー・フランソワ(トゥールーズ第2大学)
論題:「ベルクソンとヒュームにおける感性と感情」

▶エリー・デューリング講演会
日時:5月28日(水)18時30分-20時30分
場所:東京日仏会館(恵比寿)オーディトリウム
講師:エリー・デューリング(パリ西ナンテール大学)
論題:「同時的なイマージュ」
対話者:安孫子信(法政大学)
http://www.mfj.gr.jp/agenda/2014/05/28/20140521_elie_during/index_ja.php

▶エリ―・デューリング講演会
日時:5月22日(木)16時30分―18時30分
場所:早稲田大学戸山キャンパス33号館1号室
講師:エリー・デューリング(パリ西ナンテール大学)
論題:Rétro-futurs
エリ―・デューリング講演会

▶ジャン=ジャック・ヴュナンビュルジェ講演会
日時:5月23日(金)18時30分―20時30分
場所:法政大学九段校舎3階第1会議室
講師:ジャン=ジャック・ヴュナンビュルジェ(リヨン第3大学)
論題:「ベルクソンとバシュラールにおける時間・リズム・イマージュ」
通訳:藤田尚志(九州産業大学)
ヴュナンビュルジェ講演会

▶日欧学生哲学ワークショップ
日時:5月29日(木)(詳細は別途お知らせします)
場所:大阪大学吹田キャンパス(詳細は別途お知らせします)
提題者:
プログラム:(詳細は別途お知らせします)

▶<哲学の夜>
日時:5月31日(土)15時-23時30分
場所:アンスティテュ・フランセ東京(市ヶ谷)
内容:(詳細は別途お知らせします)

▶シンポジウム「受容と抵抗-西洋科学の生命観と日本」
日時:6月12日(木)12時50分-20時30分
場所:法政大学イノベーション・マネジメント研究センター・セミナー室(ボアソナードタワー25階)
提題者:チエリー・オケ,ポール・デュムシェル,アラン・ロシェ、ドミニク・レステル,金森修,米山優,檜垣立哉,村上靖彦,木島泰三
プログラム:(詳細は以下URLで)
http://hijas.hosei.ac.jp/tabid/1295/Default.aspx

公開学術イベント (2013)

ガイヨン法政大学講演会
2013年4月5日(金)

ガイヨン東京大学講演会
2013年4月6日(土)

ガイヨン京都大学講演会
2013年4月9日(火)

ロンキ東京大学講演会
2013年4月10日(水)

ガイヨン大阪大学講演会
2013年4月11日(木)

大阪大学シンポジウム
2013年4月14日(日)

法政大学シンポジウム
2013年4月16日(火)

ケメックス明治大学講演会
2013年4月20日(土)

ジェレル東京大学講演会
2013年4月22日(月)

学生たちによる大阪大学ワークショップ
2013年5月25日(土)

学生たちによる東京大学ワークショップ
2013年6月15日(土)