Hosei Erasmus Mundus Program Euro Pholosophy

Hosei Erasmus Mundus Program, Euro Pholosophy - Over the two academic years 2008-9 and 2009-10 at Hosei University, classes for the first semester of "Euro Philosophy", an EU Erasmus Mundus Master Program, have taken the form of one-month intensive lecture series. This is the first instance in Japan of administering such a large-scale intensive lecture series within the Erasmus Mundus Master Program.

report

藤田尚志先生の授業 (2015)

九州産業大学の藤田尚志先生による三回の講義が行われました。講義のタイトルは「リクールとベルクソンの影」です。ポール・リクール(1913-2005)とアンリ・ベルクソン(1859-1941)の二人の哲学者をめぐって講義は行われました。

授業中の対話

一人の思想家には常に、その影が存在します。影は敵ではなく対面することは出来ませんが、幽霊のようについてまわります。影を変形し隠そうとしても、やはりそれとわかります。リクールにとってその影とはベルクソンだったのではないか、その仮説から藤田先生の講義は始まりました。

リクールの哲学は主に三つの時代に分けることができます。そしてその三つの時代全てで、それぞれ違う仕方でとはいえ、ベルクソンの影を認めることが出来ます。講義は、リクールとその影ベルクソンが行う、時間についての、またメタファーについての、そして記憶についての、見えない対話を取り上げながら進んでいきました。

一回目の授業ではリクール1950年代から60年代の現象学時代を、ベルクソンの『意識に直接与えられたものについての試論』とリクールの『意志的なものと非意志的なもの』を取り上げ扱いました。二回目の授業ではリクール1970年代から80年代の解釈学時代を、ベルクソンの『思想と動くもの』とリクール『生きた隠喩』を読みながら、そして三回目の授業ではリクール1990年代から2000年代の記憶・時間の概念について、ベルクソンの『物質と記憶』とリクールの『記憶・歴史・忘却』を読み解きながら、考えていきました。

藤田先生は、リズミカルに、シンプルな言葉で明快に説明して下さるので、内容のむずかしさにもかかわらず、授業をとても楽しく感じました。このようにフランス語を自在に操ることができればと、強く思わされました。そして二回目の授業で、言語について話しているときに、"Tu es mon âme"(「あなたは私の魂」)という例を何度も出しながら、「普通の言語では私たちが言いたいことの全ては説明し切れない。だからこそ私たちはメタファーを用いる」という話をされていたのが印象に残っています。

藤田先生はヨーロッパからの学生に対してだけではなく、講義に参加している日本人学生に対しても、必ず感想や意見交換を求めました。そのお陰もあり、一人一人全員が積極的に参加する授業となり、とても貴重な経験となりました。

皆での昼食