Hosei Erasmus Mundus Program Euro Pholosophy

Hosei Erasmus Mundus Program, Euro Pholosophy - Over the two academic years 2008-9 and 2009-10 at Hosei University, classes for the first semester of "Euro Philosophy", an EU Erasmus Mundus Master Program, have taken the form of one-month intensive lecture series. This is the first instance in Japan of administering such a large-scale intensive lecture series within the Erasmus Mundus Master Program.

syllabus

現象学(2015)

▶担当教員
村上靖彦、クレリア・ゼルニック、オンドレーユ・シュヴェツ、ペーテル・センディ
▶授業内容
※ シラバス詳細は、英語ページの仏文要綱をご覧ください。
▶授業教室
大学院棟702教室
▶講義タイトルと授業日程
■村上靖彦(3講義):
「日本における統合失調症患者のホームケアの現象学」
1.4/16(木) [10:00-12:00]
2.4/16(木)[13:00-15:00]
3.4/16(木)[15:30-17:30]
■クレリア・ゼルニック(3講義):
「映画の現象学―メルロ-ポンティから日本映画へ」
1.5/7(木) [15:30-17:30]
2.5/8(金) [10:00-12:00]
3.5/8(金) [13:00-15:00]
■オンドレーユ・シュヴェツ(6講義):
「現象学の実用主義的転回」
1.5/21(木) [15:30-17:30]
2.5/22(金) [15:30-17:30]
3.5/25(月)[15:30-17:30]
4.5/26(火) [15:30-17:30]
5.5/27(水)[15:30-17:30]
6.5/28(木)[15:30-17:30]
■ペーテル・センディ(3講義):
「イマージュの裏側―iconomieへの提言」
1.6/1(月)[15:30-17:30]
2.6/2(火)[15:30-17:30]
3.6/3(水)[15:30-17:30]