Hosei Erasmus Mundus Program Euro Pholosophy

Hosei Erasmus Mundus Program, Euro Pholosophy - Over the two academic years 2008-9 and 2009-10 at Hosei University, classes for the first semester of "Euro Philosophy", an EU Erasmus Mundus Master Program, have taken the form of one-month intensive lecture series. This is the first instance in Japan of administering such a large-scale intensive lecture series within the Erasmus Mundus Master Program.

report

アルノー・フランソワ先生の授業 (2014)

フランス・トゥールーズ第2大学のアルノー・フランソワ先生による6回の授業が行われました。

法政プログラムにおいてEU側の責任者を務めるフランソワ先生は、フランスにおいて若手を代表するベルクソン(1859-1941)の研究者でもあります。今回の授業のテーマは、ベルクソンの四大主著の一つ『創造的進化』(1907)における科学的(とりわけ生物学的)な源泉を探ることにありました。(このテーマに関するアルノー先生の業績として以下が挙げられます。« Les sources biologiques de L'évolution créatrice de Bergson » (2007), in Frédéric Worms et Anne Fagot-Largeault (éds.), Annales bergsoniennes, t. IV : L'évolution créatrice (1907-2007) : épistémologie et métaphysique, Paris, PUF, coll. « Épiméthée », 2008, pp. 95-109)

本講義において、筆者に印象深かったのは、機械論と目的論の問題です。すなわち、『創造的進化』の第一章の後半では、ダーウィン(1809-1882)とラマルク(1744-1829)の進化論がそれぞれ考察されますが、ベルクソンが生きた時代において、前者の系譜である新ダーウィン主義は、生物の進化が物理的な因果関係によって必然的に左右されるものとする機械論の傾向を、後者の系譜である新ラマルク主義は、特定の目的を遂げるための生物自身の努力や意志に進化の源泉を認めようとする目的論の傾向を強めていました。本来ダーウィンの進化論は、自然選択説として広く知られるように、生存に有利な個体がより多くの子孫を残すとされるもので、首の長いキリンは高い木の葉を食べやすいので子孫を残すのに有利であるというように、外的な環境要因を重視しました。他方でラマルクの進化論は、生物の進化の過程に、寒くなれば暖かい所へ逃げたり、毛を増やしたりするような、環境に適応するために生物が発揮する主体性を見ようとしました。それは内的で心理的な環境要因といえるでしょう。ベルクソンによれば、両者の議論は、生物の進化を何らかの意味で決定されたものとして捉えているという点で誤っています。ベルクソンにとって生命の本質とは、常に新たなものへと向かう絶えざる変化であり、まさに、それは未決定な自由が伴う「創造的進化」です。そこからベルクソンの生の哲学の核心にある「生命の飛躍」という概念が登場してくるわけです。

以上はフランソワ先生による講義内容の一部分ですが、機械論と目的論の論争を超えようとする立場から科学と哲学を跨いで展開されるベルクソンの議論は、現代においても熟考に値する内容を持つものと強く実感されました。

アルノー・フランソワ先生