Hosei Erasmus Mundus Program Euro Pholosophy

Hosei Erasmus Mundus Program, Euro Pholosophy - Over the two academic years 2008-9 and 2009-10 at Hosei University, classes for the first semester of "Euro Philosophy", an EU Erasmus Mundus Master Program, have taken the form of one-month intensive lecture series. This is the first instance in Japan of administering such a large-scale intensive lecture series within the Erasmus Mundus Master Program.

syllabus

2014年プログラム教員・科目担当者

▶過年度と同じ<形而上学>、<現象学>、<科学哲学>の3科目が開講されます。それぞれの科目は連続15回の講義から構成されています。1回の講義は120分(授業90分、残り30分は質疑応答)で行われます。講義はフランス語で行われますが,毎回概要文書が配布されます.

▶以下,担当教員と担当回数です.

<形而上学>
• カミーユ・リキエ(パリ・カトリック学院)6回
• エリー・デューリング(パリ西大学)3回
• ヴァンサン・ジロー(京都大学)3回
• 藤田尚志(九州産業大学)3回

<現象学>
• サラ・グインダーニ(パリ第8大学)4回
• 合田正人(明治大学)3回
• 原和之(東京大学)4回
• 村上靖彦(大阪大学)4回

<科学哲学>
• アルノー・フランソワ(フランス・トゥールーズ第2大学)6回
• チエリー・オケ(フランス・リヨン第3大学)4回
• 金森修(東京大学)2回
• 安孫子信(法政大学)3回