Hosei Erasmus Mundus Program Euro Pholosophy

Hosei Erasmus Mundus Program, Euro Pholosophy - Over the two academic years 2008-9 and 2009-10 at Hosei University, classes for the first semester of "Euro Philosophy", an EU Erasmus Mundus Master Program, have taken the form of one-month intensive lecture series. This is the first instance in Japan of administering such a large-scale intensive lecture series within the Erasmus Mundus Master Program.

syllabus

現象学(2014)

▶担当教員
サラ・グインダーニ、合田正人、原和之、村上靖彦

▶授業内容
※ シラバス詳細は、英語ページの仏文要綱をご覧ください。
▶授業教室
大学院棟702教室

▶講義タイトルと授業日程

■サラ・グインダーニ(4講義):
「<見えるもの>と<見えないもの>との関連づけにおいてプルーストが達成したこと―イマージュ,エクリチュール,記憶についてプルーストから考える」
1.4/2 [15:30-17:30]
2.4/3 [13:00-15:00]
3.4/4 [13:00-15:00]
4.4/7 [13:00-15:00]

■合田正人(3講義):
「鶴見俊輔とアジア/ジャン・グルニエとアジア」
1.4/23 [15:30-17:30]
2.4/28[15:30-17:30]
3.4/30[15:30-17:30]

■原和之(4講義):
「<欲望>概念のラカンによる練上げとエディプス・コンプレクスの鋳直し」
1.5/9 [15:30-17:30]
2.5/16[15:30-17:30]
3.5/30[15:30-17:30]
4.6/6[15 :30-17 :30]

■村上靖彦(4講義):
「日本において実践されている精神科看護医療の現象学」
1.4/28 [10:00-12:00]
2.4/28 [13:00-15:00]
3.5/8 [13:00-15:00]
4.5/8[15 :30-17 :30]