Hosei Erasmus Mundus Program Euro Pholosophy

Hosei Erasmus Mundus Program, Euro Pholosophy - Over the two academic years 2008-9 and 2009-10 at Hosei University, classes for the first semester of "Euro Philosophy", an EU Erasmus Mundus Master Program, have taken the form of one-month intensive lecture series. This is the first instance in Japan of administering such a large-scale intensive lecture series within the Erasmus Mundus Master Program.

report

合田正人先生の授業 (2013)

明治大学の合田正人先生の3回にわたる講義が行われました。以下では、そのうち、合田先生のご専門であり、筆者にとって興味深いテーマであった、レヴィナス(1906-1995)の解釈を巡る講義の一部を、ご紹介いたします。(レヴィナスについての合田先生の初著として、以下が上梓されています。『レヴィナスの思想――希望の揺籃』 弘文堂、1988)

本講義の主旨は、レヴィナスにおける、「コナトゥス」解釈と、スピノザについての言及でした。良く知られているように、レヴィナスは、初期の論文『フッサール現象学の直観理論』(1930) においてすでにスピノザについて言及しており、後にレヴィナスは、『全体性と無限』(1961)第一部において、スピノザ主義を批判しています。しかしここで、なぜレヴィナスは「スピノザ」と言わずに「スピノザ主義」と言ったのか、という疑問が生じます。この区別については、レヴィナスの師であったレオン・ブランシュヴィック(1869-1944)も意識していた痕跡があり、この問題を明らかにするために、スピノザの『エチカ』(1677)を強く意識したレヴィナスの「コナトゥス」の解釈とその批判、また、レヴィナスにおいて、「ある」(il y a)からの自己‐自我の生成を指す、「ヒュポスタシス」(sub-stance)の概念について、それが、『全体性と無限』の議論で消失し、それに代わって登場する「享受」、「幸福」の問題などを考察しました。その結果、レヴィナスの倫理思想は、反コナトゥスとみなされながらも、デカルトの「高邁」の精神など、哲学史におけるコナトゥスの概念の系譜をしっかりと押さえており、かつレヴィナスは、スピノザ主義とは、スピノザではない、と自ら認識していた可能性が提示されました。周知のように、レヴィナスは、反スピノザの立場を鮮明にしていますが、両者の関係が意外に複雑なものであることが、本講義を通して理解できました。(レヴィナスとスピノザに関する合田先生の論考の一例として、以下が挙げられます。「コナトゥスと倫理――レヴィナスのスピノザ解釈」『スピノザーナ――スピノザ協会年報』第2号、学樹書院、2000)

合田正人先生