Hosei Erasmus Mundus Program Euro Pholosophy

Hosei Erasmus Mundus Program, Euro Pholosophy - Over the two academic years 2008-9 and 2009-10 at Hosei University, classes for the first semester of "Euro Philosophy", an EU Erasmus Mundus Master Program, have taken the form of one-month intensive lecture series. This is the first instance in Japan of administering such a large-scale intensive lecture series within the Erasmus Mundus Master Program.

report

鈴木泉先生の授業 (2013)

東京大学の鈴木泉先生の三回にわたる授業が開講されました。今回の講義のテーマは、G.ドゥルーズの哲学を中心とした「ドゥルーズと離接的論理」でした。(本講義の参考となる鈴木先生の著作の一例として、以下が上梓されています。「ドゥルーズ哲学の生成:1945-1969」『現代思想』「ドゥルーズの哲学」第30巻第10号、青土社、2002年、pp. 125-147.)

各講義の主題は、以下の通りでした。
1.『差異と反復』における「超越論的経験論」について
2. ハイデガーとドゥルーズにおける「差異」の概念
3.『千のプラトー』における「リトルネロ」について
以下では、筆者にとって印象的であった「超越論的経験論」について、議論の部分的背景を紹介させて頂きます。

ドゥルーズ哲学は、一貫した超越論哲学と言われますが、彼は、カント哲学に由来する超越論的哲学の深い影響を受けながらも、それに批判と変更を加えています。ドゥルーズによれば、カントは日常的な経験の枠組みの「転写」(décalque)としての超越論性の探求をしており、そこにおいては、超越論的なものと経験論的なものとの条件づけを巡って、悪循環が生じています。ドゥルーズは、これを断ち切るべく、経験の発生の実質的な条件を探究することを目指しました。そのための作業として、ドゥルーズはまず、超越論的なものによる経験の発生、という見方をします。しかし、ここでは、先の悪循環を免れていないため、続いて高次の経験論を提示します。すなわち、彼によると、日常的な経験とは、感性や理性といった諸能力(facultés)が、安定しながら調和して働くことにより生じますが、これらが調和しないで成立する、高次な経験が存在します。これは、「差異」(différence)との「遭遇」(rencontre)という暴力的な契機により可能となる真の経験となります。また、諸能力は、共同して働くのではなく、非調和的になって初めて真に活動すると述べられます。さらにドゥルーズは、この高次の経験にとどまることなく、これが超越論的なものになる、という意味での超越論的経験論を語ります。ここでは、超越論的なものと経験論的なものとが創造的関係にあり、「非人間的」(inhumanistique)な経験が問題となってきます。
以上は、筆者の理解による、初回の講義の文脈の一部ですが、他の講義においても、思想史における、ドゥルーズ哲学の非常に興味深い主題が考察されました。

鈴木泉先生