Hosei Erasmus Mundus Program Euro Pholosophy

Hosei Erasmus Mundus Program, Euro Pholosophy - Over the two academic years 2008-9 and 2009-10 at Hosei University, classes for the first semester of "Euro Philosophy", an EU Erasmus Mundus Master Program, have taken the form of one-month intensive lecture series. This is the first instance in Japan of administering such a large-scale intensive lecture series within the Erasmus Mundus Master Program.

report

ジャン・ガイヨン講演会(法政大学)(2013)

4月5日、ジャン・ガイヨン先生の講演会が法政大学にて行われました。講演は英語(通訳者付き)で行われ、日本語に翻訳された原稿が来場者に配られました。

講演のテーマは「酸素は機能を持つか?」です。生物学においては「機能(function)」の概念がほとんどあらゆる研究対象に適用されており、生物の器官(内臓など)から細胞、分子に至るまでが「それがどのような機能を果たすためのものか」という観点から考察されています。それどころか、より大きな枠、生物種や生態系のような枠組みにもこの機能モデルは用いられています。本講演で提起された主要な問題は、ある単位をそれが持つ機能へと帰属させるこのような態度が、必ずしも自明のものではないということです。

生物学における「機能」という言葉の定義には大きく分けて二つあります。ひとつは「システム説(systemic theory)」と呼ばれるもので、これはある器官の機能は、その生物を取り巻くより大きな系に対して果たしている因果的役割によって定義されるというものです。もうひとつは「淘汰事由説(etiological theory)」で、この理論によれば、ある器官の機能は生存を有利にするものとして、自然淘汰によって残されたものを指すことになります。本講演ではこれら二つの理論をそれぞれ「原子と基本分子」、「生物個体」および「種」という単位に当てはめ、それらが機能を持つと言えるのかどうかの検討がなされました。

まず基本分子のレベルで考えると、たとえば酸素は機能を持つと言えるのか?淘汰事由説においては、そのようなことは主張できません。たしかに酸素濃度は生物の生存に影響を与えますが、淘汰によって残されてきたのは環境中の酸素を利用する生物の能力であって、酸素の存在それ自体ではないのです。それに対してシステム説では、酸素はより大きな系(たとえば呼吸のプロセス)が成立するための構成部分として、機能を持つとはっきり言うことができます。

生物個体や種に関しても、結果は似たようなものとなります。自然淘汰によって保存されるのは通常、生物個体が生存するために有利な性質に限られます。つまり個体を超えたスケールでは、自然淘汰は起きないのです。したがって淘汰事由説においては、自然淘汰を特殊な仕方で解釈するのでもなければ、個体、あるいは種が機能を持つと言うことはできません。一方でシステム説に従うなら、このような問題は起きません。生物個体はそれが属する種に対して一定の役割を果たしていると考えられるし、種それ自体も生物圏(biosphere)の中で何らかの機能を持っていると言えるからです。

淘汰事由説が小さすぎる単位(原子や分子)あるいは大きすぎる単位(個体や種)に対して機能を帰属させることができないのは、この説の欠陥よりは、むしろ長所を示しているとガイヨン先生は主張します。システム説が一見うまくいっているように思えるのは、単にそれが具体性を欠いているからであって、機能の概念を正当化する原理としては、システム説では不十分なのです。淘汰事由説はより厳密な理論であり、それだけに障害も多いというわけです。

講演の結論は、もし淘汰事由説が正しいとすれば、機能という概念それ自体が自然淘汰の理論に依存するものになるということです。つまり、ある物が何らかの機能を持つ、と述べることは、その物が進化論的な起源を持つことを前提としていることになるのです。

本講演は前日までに行われた授業の集大成とでも言うべき密度の濃い内容で、生物学という学問の本質的なあいまいさと、その進化論との密接な関わりを垣間見ることができたように思います。

会場の様子
右から、ジャン・ガイヨン先生、木島泰三さん(通訳)