Hosei Erasmus Mundus Program Euro Pholosophy

Hosei Erasmus Mundus Program, Euro Pholosophy - Over the two academic years 2008-9 and 2009-10 at Hosei University, classes for the first semester of "Euro Philosophy", an EU Erasmus Mundus Master Program, have taken the form of one-month intensive lecture series. This is the first instance in Japan of administering such a large-scale intensive lecture series within the Erasmus Mundus Master Program.

report

開幕《ユーロフィロソフィー》2013 (2013)

去る4月1日、2013年度 EUエラスムス・ムンドゥス修士課程《ユーロフィロソフィー》法政プログラムがスタートしました。

桜も満開のこの日、まず初めに、今回ヨーロッパから来日した教員と学生を対象とした、オリエンテーションと図書館ツアーが行われました。今回の日本での滞在に臨むべく、オリエンテーションでの説明に耳を傾けた後、一行は図書館に移動し、利用方法などを確認し、その後、書庫に入って西洋哲学関係の蔵書の見学を行いました。

オリエンテーションの様子
洋書を閲覧する教員たち

続いて夕方からは、ボアソナードタワー26階ラウンジにて、レセプションが行われました。本プログラムの日本側責任者である文学部安孫子信教授の司会の下、はじめに、増田壽男総長による挨拶が行われました。増田総長からは、国際化を目指す法政大学にとって、《ユーロフィロソフィー》の本学での展開は意義深く、その運営に携わる他大学を含む関係者には深い謝意を表したい旨が語られました。続いて挨拶に立った、駐日欧州連合代表部のエリック・ハーメリンク氏、フランス大使館文化部のカトリーヌ・ドロゼフスキー氏からは、西洋文化の核に位置づく哲学の、世界に向けての本格的教育を、日本の教育機関が担い行っていることの画期的な意義が語られました。

増田壽男総長
左から、安孫子信先生、エリック・ハーメリンク氏、カトリーヌ・ドロゼウスキー氏

その後、福田好朗理事の音頭で乾杯が行われ、しばし和やかな歓談の輪が花開いた後、今回3ヶ月にわたり3科目(形而上学、現象学、科学哲学)の各授業を担当するヨーロッパからの教員3名と日本人教員4名、さらにヨーロッパからの学生3名による、自己紹介と挨拶が行われました。

歓談の様子
左から、村上靖彦先生、原和之先生、金森修先生、鈴木泉先生
ジャン・ガイヨン先生を紹介する安孫子先生
ロッコ・ロンキ先生(左)、フロランス・ケメックス先生(右)
留学生たち

法政プログラムは、4期目を迎え、これまで培われてきた関係者の絆がいよいよ深まっていくなかで、今年度の新たなメンバーも揃いました。今年度《ユーロフィロソフィー》の大成功を期して、レセプションも幕となりました。