Hosei Erasmus Mundus Program Euro Pholosophy

Hosei Erasmus Mundus Program, Euro Pholosophy - Over the two academic years 2008-9 and 2009-10 at Hosei University, classes for the first semester of "Euro Philosophy", an EU Erasmus Mundus Master Program, have taken the form of one-month intensive lecture series. This is the first instance in Japan of administering such a large-scale intensive lecture series within the Erasmus Mundus Master Program.

report

反省会と閉会パーティー (2012)

3か月にわたる≪ユーロフィロソフィ≫2012年度プログラムは6月末をもって幕となりました。それに先立つ6月27日(水)には、法政大学ボアソナードタワー25階で、今年度の反省会および最後の懇親会が実施されました。

反省会には、学生と授業担当の日本の先生方だけではなく、法政大学国際交流センターや大学院のスタッフ、さらにはスカイプを通じてフランスからアルノー・フランソワ先生も加わりました。今回初の3か月というプログラム期間と見比べての、授業や生活のあり方について、様々な反省点と来年度に向けた具体的な対応が話し合われました。

その後、法政大学の福田好郎常務理事も出席されて、最後の懇親会が行われました。長丁場の授業やワークショップを無事に乗り切り、異国日本の文化や国民性にも十分に慣れ親しんだという安堵と満足感とを、4名の学生それぞれの表情に読み取ることができました。そうした彼らには、前途を祝し、健闘を祈る言葉が多々寄せられていました。3ヶ月にわたって育まれた友情と親交とが再確認され、近い将来の再会が約されて、懇親会も幕となりました。

*本年度のプログラムは、みなさまのご協力で無事に終了しました。このブログも今回が最終回です。ただ、来春には次年度のプログラムがさらに進化を遂げて実施されます。引き続いての皆様のご支援ご協力をよろしくお願いいたします。


反省会における安孫子先生と金森先生
感想を述べる留学生
反省会の様子
乾杯の様子[左から、福田理事、金森先生、鈴木先生、安孫子先生]
福田理事を囲む学生たち
パーティー会場
記念品を受け取る学生たち