Hosei Erasmus Mundus Program Euro Pholosophy

Hosei Erasmus Mundus Program, Euro Pholosophy - Over the two academic years 2008-9 and 2009-10 at Hosei University, classes for the first semester of "Euro Philosophy", an EU Erasmus Mundus Master Program, have taken the form of one-month intensive lecture series. This is the first instance in Japan of administering such a large-scale intensive lecture series within the Erasmus Mundus Master Program.

report

授業風景その11 (2012)

東京大学の金森修先生の3回にわたる講義が開講されました。

本講義のテーマは「20世紀日本思想史のために」であり、ここではまず、大正期(1912-26)を代表する生理学者である橋田邦彦(1882-1945)が取り上げられ、『生理学要綱』(1923)などの科学的著作が紹介されつつ、道元(1200-1253)を尊敬し、科学を宗教的実践と捉えていた橋田における、科学と禅宗の関係や、「行としての科学」といった構想が、「全機性」という彼の思想的背景を踏まえながら説明されました。なお、橋田の著書でもある『行としての科学』(1939)については、別途ハンドアウトによる紹介がなされ、「物心一如」、「唯観」、「主客未分」といった主要概念の説明により、橋田思想の一元的世界観が浮き彫りとなりました。

次に、戦中期日本の文芸誌『文学界』(1942年9・10月号)の特集記事に掲載された13名の評論家によるシンポジウムである「近代の超克」について紹介がありました。小林秀雄(1902-1983)、西谷啓治(1900-1990)、亀井勝一郎(1907-1966)、吉満義彦(1904-1945) といった当時の名高い思想家の議論が紹介された後、そのうち、下村寅太郎(1902-1995)については、彼の「機械観」をめぐり、金森先生の御業績の一つである論考が発表されました。(SHIMOMURA TORATARŌ ET SA VISION DE LA MACHINE, Ebisu, no. 40-41, Automne 2008 - Été 2009, pp. 115-125)

最後に、戦後を代表する日本人科学哲学者の大森荘蔵(1921-1997)が取り上げられ、『物と心』(1976)などの主著が紹介され、彼の独特な一元論における「立ち現われ」の観念、さらに、『時間と自我』(1992)を中心とする時間論が説明され、同書における「言語的制作としての過去と夢」が、金森先生の仏訳により読み上げられました。

戦時期の日本における思想史の歩みを辿った本講義は、留学生にとって、政治・歴史的観点からも興味深い内容であり、現代日本においても、再考に値する貴重な講義であることを実感しました。


金森修先生