Hosei Erasmus Mundus Program Euro Pholosophy

Hosei Erasmus Mundus Program, Euro Pholosophy - Over the two academic years 2008-9 and 2009-10 at Hosei University, classes for the first semester of "Euro Philosophy", an EU Erasmus Mundus Master Program, have taken the form of one-month intensive lecture series. This is the first instance in Japan of administering such a large-scale intensive lecture series within the Erasmus Mundus Master Program.

report

授業風景その4 (2012)

EUからの3名の先生による4月の授業も無事合わり、5月の連休を挟み、今回のプログラムは、日本人の先生を中心とした後半戦に入りました。その初めの授業として、東京大学の原和之先生の3回にわたる講義が開講されました。

今回の講義のタイトルは「'欲望'概念のラカンによる練り直しとエディプス・コンプレクスの改鋳」でした。(本講義の基礎となった原先生のご業績として以下の論文が挙げられます。Kazuyuki HARA, Amour et savoir ― Etudes lacaniennes, Collection UTCP, 2011)

本講義ではまず「欲望」の概念をめぐり、フロイト(1856-1939)とラカン(1901-1981)の接点に着目することで、ラカンの学位論文の中心主題ともなった「パラノイヤ」、「エメ」、そして原先生によると、認識論的な水準において「欲望の欲望」を規定する概念であると考えられる「欲望の公準」といった主要キーワードが説明され、次にヘーゲルとラカンとの関係について、主にコジェーブ(1902-1968)のテクスト『ヘーゲル読解入門』(1947)を引用しつつ、考察がなされました。

続いて、「意味作用」をめぐり、ソシュール(1857-1913)とラカンの関係について、主にソシュールの『一般言語学講義』(1916)を中心に検討し、一見ソシュールに依拠しているように見えながらも、「シニィフィエ」に対する「シニフィアン」の優位を説いたラカンが、「シニフィアン連鎖」といった概念により、どのようにソシュールと袂を分けていったのかについて解説がなされました。

そして最後に、ラカンの思索を理解する上で重要な「エディプス・コンプレックス」の概要が述べられ、ラカンの「グラフ」の説明も行われました。

以上、本講義は、プロジェクターと引用資料による丁寧な解説がなされ、本プログラムのフランスからの留学生においても、ラカンの遺した思索の意味が明らかとなりました。


原和之先生