Hosei Erasmus Mundus Program Euro Pholosophy

Hosei Erasmus Mundus Program, Euro Pholosophy - Over the two academic years 2008-9 and 2009-10 at Hosei University, classes for the first semester of "Euro Philosophy", an EU Erasmus Mundus Master Program, have taken the form of one-month intensive lecture series. This is the first instance in Japan of administering such a large-scale intensive lecture series within the Erasmus Mundus Master Program.

event

5月8日(火)学生たちによる大阪大学ワークショップ(2012)

日時:
2012年5月8日(火)13:00 ~18:40
場所:
大阪大学 吹田キャンパス 人間科学研究科 本館 2 階会議室 B
http://www.hus.osaka-u.ac.jp/english/access.html
プログラム:
13:00-13:40 :
小倉 拓也, 「ドゥルーズ:感覚について」
13:40-14:20 :
モイサン・エリン, 「内的歌声の現象学的記述への試論と、その考えられる諸展開」
14:20-15:00 :
Hiroko Yoshigami, 'La politique mineure chez Deleuze et Guattari'
15:00-15:40 :
オルヴェラ・サイダ,
「デリダによるヘーゲルとフッサ-ル――井戸とピラミッド、声と現象」
15:40-16:00 : 休憩
16:00-16:40 :
ローラン・ステリン,
「矛盾への、もしくは矛盾からの主体の歩み―G.シモンドンと田辺元のあいだの往相還相」
16:40-17:20 :
ファビウス・レオ, 「客観的精神の制度化――ヘーゲルとメルロ=ポンティ」
17:20-18:00 :
橘 真一「シモンドンにおける意味作用について」
18:00-18:40 :
Shèng-Yùn Fù,
'L'« esthétique » de l'Aufklärung est-elle s'impliquée d'une préparation pour la philosophie transcendantale ?'
 
18:40-21:00 : 懇親会

†冒頭の発表は英語。そのほかはフランス語。原稿を配布。質疑応答のみ通訳いたします。
協賛:エラスムス・ムンドゥス・ユーロフィロゾフィー
主催:大阪大学人間科学研究科基礎人間科学講座現代思想研究室