Hosei Erasmus Mundus Program Euro Pholosophy

Hosei Erasmus Mundus Program, Euro Pholosophy - Over the two academic years 2008-9 and 2009-10 at Hosei University, classes for the first semester of "Euro Philosophy", an EU Erasmus Mundus Master Program, have taken the form of one-month intensive lecture series. This is the first instance in Japan of administering such a large-scale intensive lecture series within the Erasmus Mundus Master Program.

event

6月2日(土)学生たちによる東京大学ワークショップ(2012)

日時:
2012年6月2日(土)13時~
場所:
東京大学法文二号館二階教員談話室
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_02_j.html
プログラム:
前半の部
13:00-13:30 :
木山裕登, 「ベルクソンにおける知覚と実在」
13:30-14:00 :
レオ・ファビウス, 「客観的精神の制度化。ヘーゲルとメルロ=ポンティ」
14:00-14:30 :
桐谷慧, 「ジャック・デリダにおける「瞬間」の問題」
14:30-15:00 :
ザイダ・オルヴァ,
「デリダの読解に基づくヘーゲルとフッサール-「竪坑とピラミッド」と『声と現象』-」
15:00-15:15 : 休憩
後半の部
15:15-15:45 :
平岡紘, 「始原的なものと「私」-レヴィナス『全体性と無限』の享受論をめぐって-」
15:45-16:15 :
エレン・モワザン, 「パラディグマとしての内的歌」
16:15-16:45 :
長門裕介「人生の意味の問題に物語論はいかに役に立つのか リクールの観点から」
16:45-17:15 :
シェンユ・フー, 「美学的アプローチによる超越論的生:道教哲学者荘子の観点から」
連絡先:
鈴木泉(E-mail : izumisz@mac.com)
木山裕登(E-mail : ykiyama0711@hotmail.co.jp)