Hosei Erasmus Mundus Program Euro Pholosophy

Hosei Erasmus Mundus Program, Euro Pholosophy - Over the two academic years 2008-9 and 2009-10 at Hosei University, classes for the first semester of "Euro Philosophy", an EU Erasmus Mundus Master Program, have taken the form of one-month intensive lecture series. This is the first instance in Japan of administering such a large-scale intensive lecture series within the Erasmus Mundus Master Program.

event

明治大学シンポジウム(2010)

テーマ:
不均衡システムと個体化――ジルベール・シモンドン(1924-1989)の哲学をめぐって
主催:
明治大学文学部フランス文学専攻
後援:
明治大学国際連携部/エラスムス・ムンドゥス<ユーロフィロゾフィー>
日時:
2010年3月24日(水)15:00-21:10
場所:
明治大学駿河台キャンパスリバティタワー19階119J室
お問い合わせ:
mg1957[at-mark]kisc.meiji.ac.jp
プログラム:
第一部
15:00-16:00 合田正人(明治大学):
 "ジルベール・シモンドン入門"(日本語使用)
16:00-16:30 質疑応答
第二部(17:30-21:10、司会: 藤田尚志、フランス語使用、通訳あり)
17:30-18:10 米虫正巳(関西学院大学):
 "自然とその不均衡システム――シモンドン、ドゥルーズと共に自然を考える"
18:15-18:55 藤田尚志(九州産業大学):
 "ベルクソンとシモンドンにおける想像力と発明"
19:00-19:40 ポール=アントワーヌ・ミケル(ニース大学):
 "個体的なものから生命的なものへ"
19:45-20:25 ピエール・モンテベロ(トゥールーズ大学):
 "シモンドンと自然哲学"
20:30-21:10 質疑応答ならびに全体討議