Hosei Erasmus Mundus Program Euro Pholosophy

Hosei Erasmus Mundus Program, Euro Pholosophy - Over the two academic years 2008-9 and 2009-10 at Hosei University, classes for the first semester of "Euro Philosophy", an EU Erasmus Mundus Master Program, have taken the form of one-month intensive lecture series. This is the first instance in Japan of administering such a large-scale intensive lecture series within the Erasmus Mundus Master Program.

event

福岡シンポジウム(2010)

テーマ:
思考と運動――アリストテレス、ベルクソン、メルロ=ポンティ、ドゥルーズ
日時:
2010年3月27日 10:00-18:00
場所:
九州日仏学館(福岡・赤坂) 5F 多目的ホール
お問い合わせ:
fujitahi[at-mark]gmail.com
プログラム:
セッション1――運動と知覚 (司会:藤田尚志)
10:00-10:30
 ピエール・ロドリゴ(仏・ブルゴーニュ大学)/アリストテレスとメルロ=ポンティにおける知覚・身体・肉
10:30-11:00
 平井靖史(福岡大学)/ブラインドサイトをベルクソン的に解釈する――運動の相のもとに見られた知覚、剥離か非決定か
11:00-12:00
 討議
休憩(12 :00-14 :00)
セッション2――運動とシステム (司会:平井靖史)
14:00-14:30
 ポール=アントワーヌ・ミケル(ニース大学)/ベルクソン哲学におけるアリストテレス的カテゴリー(現勢態と潜勢態)の顛倒
14:30-15:00
 永野拓也(熊本高等専門学校)/数学的構成の内省的基礎――ブラウアーの直観主義とベルクソン
15:00-15:40
 討議
休憩(15:40-16:00)
セッション3――運動とイマージュ (司会:永野拓也)
16:00-16:30
 ピエール・モンテベロ(トゥールーズ大学)/ドゥルーズにおける思考・イマージュ・信じること
16:30-17:00
 藤田尚志(九州産業大学)/デジャヴをめぐって:偽なるものの力と記憶の無為――ドゥルーズか、ベルクソンかIII
17:00-18:00 討議および全体討議
懇親会
18:30-20:30 ※どなたでもご参加いただけます(要参加費)