Hosei Erasmus Mundus Program Euro Pholosophy

Hosei Erasmus Mundus Program, Euro Pholosophy - Over the two academic years 2008-9 and 2009-10 at Hosei University, classes for the first semester of "Euro Philosophy", an EU Erasmus Mundus Master Program, have taken the form of one-month intensive lecture series. This is the first instance in Japan of administering such a large-scale intensive lecture series within the Erasmus Mundus Master Program.

event

大阪大学シンポジウム(2010)

テーマ:
ドゥルーズ、その他
日時:
2010年4月15日(木) 13:00-18:00
場所:
大阪大学人間科学研究科 東館106号
プログラム:
13:00 :
檜垣立哉「バロック的時間」あるいは「結晶イマージュの時間について」(未定)
13:35 :
山森裕毅「ドゥルーズと外国語」
14:00 :
ポール=アントワーヌ・ミケル(ニース大学)「カンギレムの合理的生気論」
15:00 :
森元齋「経験と主体~ドゥルーズの哲学に対するホワイトヘッドの影響と両者の差異」
15:25 :
休憩
15:35 :
ピエール・ロドリゴ(ブルゴーニュ大学)「外見と飾り立てること~メルロ=ポンティとドゥルーズにおける身体性と動物性」
16:35 :
小林卓也「統合失調症によって自然を組織化し直す~『アンチ・オイディプス』から『千のプラトー』への移行についての素描」
17:00 :
ピエール・モンテベロ(トゥールーズ第2大学)「ドゥルーズ、反現象学」
司会・通訳
村上靖彦 (講演はフランス語、講演の和訳を配布。議論は通訳します)
お問い合わせ:
yasuhikomurakami[at-mark]gmail.com