Hosei Erasmus Mundus Program Euro Pholosophy

Hosei Erasmus Mundus Program, Euro Pholosophy - Over the two academic years 2008-9 and 2009-10 at Hosei University, classes for the first semester of "Euro Philosophy", an EU Erasmus Mundus Master Program, have taken the form of one-month intensive lecture series. This is the first instance in Japan of administering such a large-scale intensive lecture series within the Erasmus Mundus Master Program.

syllabus

形而上学: "現代の自然哲学"(2010)

担当教員

ピエール・モンテベロ、藤田尚志、鈴木泉

授業内容

※ シラバス詳細は、英語ページの仏文要綱をご覧ください。

授業教室

(3/24を除く毎日)法政大学92年館(大学院棟)303教室
(3/24のみ)法政大学政策創造科(安信ビル)A501教室

授業日程と各回のタイトル

ピエール・モンテベロ(6講義):
「自然の一つの形而上学のために」
  1. 3/23 [3時限] 導入:自然哲学の目指すもの
  2. 3/29 [2時限] シモンドンの自然哲学
  3. 3/30 [2時限] シモンドンの自然哲学
  4. 3/31 [2時限] ニーチェの自然哲学
  5. 4/08 [3時限] ドゥルーズの自然哲学
  6. 4/13 [3時限] ドゥルーズの自然哲学、結論
藤田尚志(4講義):
「ドゥルーズかベルクソンか―生の哲学の二つの道」
  1. 3/24 [2時限] 現代的な生気論哲学とは何か
  2. 3/25 [1時限] 二つの生命主義(形而上学分岐)
  3. 4/01 [1時限] 二つのイマージュ論(美学的分岐)
  4. 4/01 [2時限] 欲望と歓喜 (政治的分岐)
鈴木泉(2講義):
タイトル未定
  1. 4/05 [3時限]
  2. 4/07 [3時限]
試験日:4/16

備考

授業時間
  • 1時限:11:00-13:00
  • 2時限:14:00-16:00
  • 3時限:16:30-18:30

※ シラバス詳細は、英語ページの仏文要綱をご覧ください。