Hosei Erasmus Mundus Program Euro Pholosophy

Hosei Erasmus Mundus Program, Euro Pholosophy - Over the two academic years 2008-9 and 2009-10 at Hosei University, classes for the first semester of "Euro Philosophy", an EU Erasmus Mundus Master Program, have taken the form of one-month intensive lecture series. This is the first instance in Japan of administering such a large-scale intensive lecture series within the Erasmus Mundus Master Program.

syllabus

現象学: "現象学の諸相"(2010)

担当教員

ピエール・ロドリゴ、村上靖彦、原和之、合田正人

授業内容

※ シラバス詳細は、英語ページの仏文要綱をご覧ください。

授業教室

(3/24を除く毎日)法政大学92年館(大学院棟)303教室
(3/24のみ)法政大学政策創造科(安信ビル)A501教室

授業日程と各回のタイトル

ピエール・ロドリゴ(6講義):
「哲学の理念 ―フッサール『危機』における'生活世界'と歴史」
  1. 3/25 [2時限] フッサールの現象学的企図の再開と発展としての『危機』
  2. 3/29 [3時限] フッサールの現象学的企図の再開と発展としての『危機』
    /フッサール、ガリレオ、デカルト―近代科学と超越論的哲学
  3. 3/30 [3時限] フッサール、ガリレオ、デカルト ―近代科学と超越論的哲学
  4. 4/10 [3時限] 生活世界の歴史的目的論
  5. 4/12 [3時限] 生活世界の歴史的目的論
    /生活世界がもたらす新たな超越論的根源性
  6. 4/13 [2時限] 生活世界がもたらす新たな超越論的根源性
村上靖彦(2講義):
「自閉症と分裂病 ―ステレオタイプ化した遊びと妄想における間主観性」
  1. 3/31 [3時限] 閉症の子供の遊び
  2. 4/01 [3時限] 分裂病の妄想
原和之(2講義):
「悪魔の代弁者の戦略 ―ラカンにおける'欲望'概念の練成」
  1. 4/6 [3時限] ラカンとヘーゲル ―「欲望の欲望」のもう一つのディメンション
  2. 4/9 [3時限] ラカンとソシュール ―「意味」をどう捉えるか
合田正人(2講義):
「東西の対話」
  1. 4/09[2時限] ハイデッガーと田辺元 ―「種の論理」と「存在論」
  2. 4/10[1時限] デリダ、パース、鶴見俊輔 ―もう一つの現象学と記号論
試験日:4/16

備考

授業時間
  • 1時限:11:00-13:00
  • 2時限:14:00-16:00
  • 3時限:16:30-18:30

※ 各講義のシラバス詳細は、英語ページの仏文要綱をご覧ください。