Hosei Erasmus Mundus Program Euro Pholosophy

Hosei Erasmus Mundus Program, Euro Pholosophy - Over the two academic years 2008-9 and 2009-10 at Hosei University, classes for the first semester of "Euro Philosophy", an EU Erasmus Mundus Master Program, have taken the form of one-month intensive lecture series. This is the first instance in Japan of administering such a large-scale intensive lecture series within the Erasmus Mundus Master Program.

syllabus

科学哲学: "生物学の哲学"(2010)

担当教員

ポール=アントワーヌ・ミケル、金森修、安孫子信、河野哲也

授業内容

※ シラバス詳細は、英語ページの仏文要綱をご覧ください。

授業教室

(3/24を除く毎日)法政大学92年館(大学院棟)303教室
(3/24のみ)法政大学政策創造科(安信ビル)A501教室

授業日程と各回のタイトル

ポール=アントワーヌ・ミケル(6講義):
「ベルクソン、カンギレム、シモンドン」
  1. 3/23 [1時限] 持続の問題は物理の問題でもある(ベルクソン)
  2. 3/23 [2時限] 生命、進化、エントロピー(ベルクソン)
  3. 3/24 [1時限] クロード・ベルナール生理学の批判(カンギレム)
  4. 3/25 [3時限] 医学における統計学的アプローチの批判(カンギレム)
  5. 3/29 [1時限] 個体化と結晶化(シモンドン)
  6. 3/30[1時限] 個体的なものから生きたものへの移行(シモンドン)
金森修(2講義):
「ビオスとゾーエー、そして'立ち現れ'」
  1. 4/05 [2時限] ビオスの政治的含意―現代生政治学についての考察
  2. 4/06 [2時限] 大森荘蔵の哲学―日本の分析哲学の一頂点
安孫子信(2講義):
「オーギュスト・コントの生物学の哲学」
  1. 4/07 [2時限] 物理学・化学的なものと生物学的なもの
  2. 4/08 [2時限] 生物学的なものと社会学的なもの
河野哲也(2講義):
「エコロジカルな哲学に向けて」
  1. 4/09 [1時限] 「拡張した精神」の概念とJ.ギブソンの心理学
  2. 4/12 [2時限] 神経倫理学―「拡張した精神」が神経倫理学に対してもつ意味
試験日:4/16

備考

授業時間
  • 1時限:11:00-13:00
  • 2時限:14:00-16:00
  • 3時限:16:30-18:30

※ 各講義のシラバス詳細は、英語ページの仏文要綱をご覧ください。